カタログを制作したい方へ!おしゃれなデザインにする方法をご紹介します

Pocket

おしゃれなデザインのカタログを制作したい方はいらっしゃいませんか。
特に普段デザインをされていない方の中には、「どうすればおしゃれになるのだろう」と悩まれている方も多いでしょう。
また、カタログ制作には押さえていただきたい注意点もあります。
そこで今回は、おしゃれなカタログを作る方法をご紹介します。

□おしゃれなカタログを作るコツとは?

カタログは誰かに見せるものですから、できるだけ見る人の目を引くようなおしゃれなデザインにしたいですよね。
ここでは、おしゃれなカタログを作るコツを3つご紹介します。

*余白を効果的に使う

文章を書いたり、デザインしたりする際に、よく言及される「余白」ですが、これを効果的に使うと、すっきりして分かりやすいカタログにできます。
逆に、余白をとっていないデザインは、雑多な印象を与え、読みにくいでしょう。

*写真にこだわる

カタログに欠かせないものといえば写真ですが、おしゃれなカタログに共通していることは、その写真の質が大変高いことです。
写真の質が高いと、商品の情報がより正確に伝わるだけでなく、商品や会社のイメージが良くなります。
しかし、単に質が良いだけではおしゃれなデザインとは言えません。
商品や会社のコンセプトに合った適切な写真を選ぶことを心がけましょう。

*イラストを活用する

スペースの使い方に困った際は、イラストを活用することをおすすめします。
コンセプトやシチュエーションに合わせて、イラストのデザインを決めると良いでしょう。
しかし、フリー素材のイラストは他の人も使い回しており、既視感を与える可能性があるため、避けた方が良いかもしれません。

 

□カタログ制作の注意点とは?

ここでは、カタログを作る際に注意していただきたいポイントをご紹介します。
1つ目は、目的とターゲットを明確にすることです。
これらのことをカタログ制作前に決定しておくと、カタログの構成や方向性が定まりやすいでしょう。
2つ目は、コンセプトを定めることです。
コンセプトが違うだけで、カタログのデザインは大きく変わります。
最初は、自社製品で表現したいことをキーワードとして書き出すことをおすすめします。
そして、そのキーワードをどのようにイラストや写真、文章で表現するか検討しましょう。
3つ目は、スケジュール管理することです。
基本的にカタログ制作は、デザインを考えたら終わりではなく、印刷会社に発注する必要があります。
また、発注した後も、印刷会社との間でデザインや仕様の確認作業が入るでしょう。
そのため、制作を始める前にスケジュールを立てることが、スムーズなカタログ制作につながります。

 

□まとめ

おしゃれなデザインのカタログを制作する方法をご紹介しました。
デザイン経験がない方でも、コツを押さえれば、素敵なカタログを作れるでしょう。
また、注意点を把握しておくとカタログ制作がスムーズに進むかと思います。
カタログ制作をご検討中の方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.