自叙伝を書くメリットと作成のポイントをご紹介します!

Pocket

皆さんは、自叙伝が何かご存じですか。
自叙伝とは、自分の人生や経歴を主観的に記したものを指します。
自叙伝のことを知っていても、何のために作成するのか分からない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、自叙伝を書くメリットと作成時のポイントをご紹介します。

□自叙伝を書くメリットとは?

自叙伝を書くメリットは、大きく2つあります。
1つ目は、ご自身の人生を目に見えるものとして残せることです。
これまでの人生で経験したことは人それぞれですが、その思い出や経験を可視化するのは難しいですよね。
しかし、自叙伝を書くことで、ご自身の人生を1冊にまとめられます。
また、本に残すことで、家族や友人とご自身の人生を共有できるのも嬉しいポイントではないでしょうか。
これまで見せてこなかったご自身の一面を親しい人に見せることで、より絆が深まるかもしれません。
2つ目のメリットは、ご自身のことを周りの人によく知ってもらえることです。
自叙伝を作成すると、先述の通り、家族や親しい人に自分の人生や経歴を知ってもらうのはもちろん、これまであまり関わりがなかった人にもご自身について認知してもらうきっかけになるかもしれません。
それにより、仕事の依頼が増えたり、交友関係が広がったりすることもあるでしょう。

 

□自叙伝を書く際のポイントとは?

自叙伝を書くときのルールはないため、基本的にご自身の好きなように書いて良いでしょう。
例えば、自叙伝に書く内容には、生い立ちや家族のこと、これまでの経験が含まれます。
特に壮絶な経験をしていたり、華麗な人生を送っていたりしなくても、ご自身の経験は唯一無二です。
そのため、周りの目は気にせず、書きたいと思ったことを書いてみると良いでしょう。
ここでは、自叙伝を書く際のポイントを2つご紹介します。

*目的を明確にする

自叙伝を書く時に目的がはっきりしていると、制作が行き詰まった時でも目的に向けて試行錯誤ができるでしょう。
また、完成したものを誰に見せるかを決めておくと、完成した後の計画を立てやすいかと思います。

*起承転結を意識する

自叙伝に限らず、文章を書く際は起承転結を意識することが大切です。
その中でも、「転」と「結」の部分は物語の終盤に当たり、そこにインパクトのあるイベントが含まれていると、読む側は「面白い」と感じます。
自叙伝に書く内容を考える際に、人生年表を作り、ターニングポイントになるような出来事がなかったか振り返ってみると良いでしょう。

 

□まとめ

自叙伝を書くメリットと作成時のポイントをご紹介しました。
メリットを知った上で制作を検討している方は、本記事でご紹介したポイントを参考にして、目的にあった自叙伝を作成してみてください。
自叙伝の制作を考えている方やご不明な点がある方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.