会社案内の作成でお困りの方へ!ポイントを紹介します!

Pocket

会社案内の作成でお困りの方はいらっしゃいませんか。
なぜ会社案内を作成するかご存知ですか。
今回は会社案内の役割と会社案内の作成手順やポイントを説明します。

□会社案内の役割について

会社案内の役割は自分の会社がどのような会社であるか説明するためのものです。
そのため、会社案内がその会社の第一印象になるでしょう。
会社案内を制作する際には、会社の目的やコンセプトをしっかりと理解した上で、作る必要があります。
会社案内を制作する前に、会社について知らないことがないというレベルまで調べてから作ると良いでしょう。

□会社案内を作成する手順やポイントについて

会社案内を作成する前に、ターゲットを絞っておく必要があり、ターゲットによって会社案内に記述する内容が変わります。
会社の業種によって異なりますが、取引先や株主への説明など、会社の信頼性を上げるために用いるのも良いでしょう。
例を挙げると、取引先には会社説明、新規事業などの説明を行い、株主へは活動履歴を紹介します。
会社案内を作成するために、誰に何を伝えるかを明確にしてから作成すると良いでしょう。

ターゲットの設定を行った後に、会社案内の必要事項を書き出していきます。
会社案内の必要事項を簡単に挙げると、企業理念、代表挨拶、業務紹介、社史、概要説明などです。
会社案内は自分の会社についてよく知らない方に知ってもらうためのものであるので、できるだけ内容をわかりやすく、会社の特徴を伝えられるようにしましょう。

他にも、会社案内の内容を伝える媒体を決める必要があります。
例を挙げると、紙媒体で会社案内を作るときには、紙の大きさを決める必要があり、情報量によっては冊子にする必要があります。
基本的に会社案内を作成するにあたり、パンフレット形式では少し厚めの紙が良いとされており、写真を生かした会社案内ではコート紙を使うと良いとされています。

会社案内のレイアウトにおいても、何を伝えたいかを明確にするために手を抜けません。
レイアウトを決める際には、読者の目の動きを意識しながら決めると良いでしょう。
人間は右から左へと視線が動く性質があるので、積極的に意識すると印象の残りやすい会社案内のレイアウトを作れます。

以上で、会社案内の基本的な手順は完成です。

□まとめ

今回は会社案内の役割と会社案内の作成手順やポイントを説明しました。
会社案内を行う理由をしっかりと把握した上で、作成しましょう。
会社案内を作成する方はぜひ参考にしてみてください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.