意外と知らない?商業出版物と自費出版物の違い

Pocket

「本を出版したい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
本を出版する際は、主に「商業出版物」と「自費出版物」という2つの選択肢があります。
そのため、どちらにするべきかお悩みの方はきっと多いと思います。
そこで今回は、商業出版物と自費出版物の違いについてご紹介します。

□商業出版物と自費出版物とは?

*商業出版物

これは、出版社が企画し、著者を選び、本を制作するという形式によって出版された物です。
また、この売り上げを大きく左右する要素の一つに、著者名があります。
その理由は、企画に斬新さや新鮮味がなくても、有名な方の本であれば「この人が書いた物だったら読んでみようかな」と読者に思わせることで、実際に手に取ってもらえる可能性が高くなるからでしょう。

*自費出版物

これは、著者自身が制作費を負担するだけでなく、企画や執筆も行います。
そして、企画や編集といった制作工程で出版社が細かく口を出すことがないため、タイトルやデザインといったさまざまなことを自由に決められます。
そのため、中身から表紙のデザイン、その他の細かい部分まで著者のこだわりをしっかりと詰め込める点や、伝えたいメッセージを書籍に込められる点が最大の魅力でしょう。

□商業出版物と自費出版物の違い

まずは、出版の目的の違いです。
商業出版物の目的は、ベストセラーを作ることです。
そして、他の出版社がまだ出していない斬新なアイデアやテーマを求めており、そのような新しい切り口を見つけられるかがポイントになってくるでしょう。
一方、自費出版物の目的はさまざまで、「これまでの人生を振り返った自伝を作りたい」「自身の経験や知恵を多くの方に伝えたい」といったように多岐にわたっています。

次に、印税の違いです。
商業出版物は、刷った冊数か売れた冊数に定価と印税率をかけて、印税を支払っています。
その一方で、自費出版物は書籍の所有権が著作にあるため、印税とは呼ばず「売上金」といった表現を使います。
実際に書籍が売れた場合、書店や取次から出版社に書籍代金が支払われるでしょう。
そして、この代金から書店の販売手数料や取次の手数料といったいくつかの手数料を控除した金額が著者に支払われます。

□まとめ

今回は、商業出版物と自費出版物の違いについてご紹介しました。
商業出版物は、出版社が主体となって周りをサポートしています。
一方で、自費出版物は著者自身が主体となって作成することが特徴的です。
この2つの違いをしっかりと理解して、ご自身に合った方を選びましょう。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.