オリジナルのカタログをお考えの方へ|その作成方法のコツを紹介します

Pocket

ビジネスシーンでカタログの作成をしている方もいらっしゃると思います。
その際、どのようなことに注意して作成していますか。
ポイントを押さえないと効果的なカタログにならないでしょう。
そこで、今回はカタログ作成のコツについて説明します。

□残念な仕上がりになるポイントとは

カタログは商品を一覧にしたものです。
商品の配置や見せ方、表紙のデザインなど決めなければならないことが多くあります。
そのため、制作者は毎回、四苦八苦しながら作っているでしょう。

しかし、中には残念なカタログも存在します。
残念なカタログでは、効果的に商品を宣伝できていません。
そこで、残念な仕上がりになるポイントを説明します。
自身のカタログを振り返ってみてはいかがでしょうか。

1つ目はターゲットが定まっていない特集が組まれている点です。
商品を販売する場合、ターゲットが想定されています。
その客層が求めているポイントを押さえないと購入につながらないでしょう。
普遍的な内容よりも特定のターゲットに絞ることでより売り上げに貢献できます。

2つ目はデザイン性が強すぎる点です。
カタログの作成を外部に依頼する場合、アートディレクターやデザイナーがデザインの担当になるでしょう。

その際、カタログのデザイン性が強くなり、内容が分かりにくくなる恐れがあります。
カタログの目的は商品の良さを伝えることです。
あくまで分かりやすさを重視しましょう。

□カタログ作成のコツとは

上記では残念なカタログのポイントを説明しました。
売り上げを上げたい場合はこのようなカタログを避けた方が良いでしょう。
それでは、上手なカタログ作成のコツとは何なのでしょうか。

1つ目のコツはターゲットをしっかりと把握することです。
もちろん、ターゲットはお客さんだという方も多いでしょう。
しかし、お客さんの中でも商品に対する知識を持っているかいないかでも記載する情報は変化します。

例えば、その商品について知識がある方には専門用語を用いても伝わるでしょう。
一方、全く何も知らない方には詳しく説明するか、難しい用語の使用を避けることが得策です。

2つ目のコツはデザインのコンセプトを決めることです。
デザイン性は会社のブランドイメージを表現するために非常に重要な要素です。
そのため、あまりにもイメージとかけ離れたデザインは避けましょう。
デザイナーに依頼する場合、ブランドイメージを説明し、大体のデザイン性を伝えることで失敗も減らせます。

□まとめ

今回は、残念なカタログのポイントと作成のコツを説明しました。
カタログは会社の商品を宣伝するために大きな貢献をするでしょう。
そのため、効果的に読者に伝えられるようなカタログの作成が重要となってきます。
本記事を参考にしてカタログを作ってみてください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.