わかりやすい研修テキストの作り方を解説します

Pocket

「研修テキストの作成を任されたが、どのように作成したら良いのか不安」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
わかりづらい研修資料は、参加者の理解度を低下させる危険性があります。
そこで今回は、わかりやすい研修テキストの作り方を解説します。

□研修テキスト作成の流れを紹介します

まずは、完成した全体像をイメージすることから始めましょう。
実際に作成作業へ入ってしまう前に大まかな構成を立てることで、最終的なゴールを見通せます。

この段階では、「誰に」「何を」伝えるかどうかが重要です。
作成する目的を明確にすることを意識しましょう。
例えば、同じスキルアップを目的とする研修であっても、若手向けの研修と中堅社員向けの研修ではその内容が大きく異なります。
作成の目的がずれていると、記事の内容がすべて変わってしまうため注意が必要です。

大体の構成が決まったら、次は細部を詰めましょう。
最初に立てた構成がしっかり作られているほど、その後の作業がスムーズに進みます。
このように研修テキストを作る際には、全体の構成をまとめてから詳細な内容を考えていくのが基本的な流れです。

□テキストの作り方のコツとは?

テキスト作成の流れ以外にも、その作り方のコツがあるためご紹介します。

1つ目は、視覚的に捉えやすいデザインにすることです。
見やすく分かりやすいテキストには、図やイラストといったデザインが欠かせません。
それだけでなく、文字のフォントや大きさ、全体のレイアウトも、見やすさに関係するでしょう。

2つ目は、書き込みスペースやメモ欄をあけておくことです。
研修テキストは、主に学びの場で使用することが予想されます。
テキストの内容だけでなく、口頭でレクチャーされたことも大事なポイントです。
そのためテキストに余白が残されていると、書き込みスペースとして活用でき便利ですね。

3つ目は、チェックリストの導入です。
研修の目標が達成できたか各自確認できるようにしておくことで、もれなく確実に「やるべきこと」と「身に付けること」が実践できるでしょう。

4つ目は、テキストに事例やコツ、ポイントを掲載することです。
実際に何か起きたときに対処できるようなまとめがあれば、研修を終えた後でもテキストが活用できそうですね。

最後の5つ目は、完成後の文章の推敲です。
研修テキストが完成したら、必ず自身で推敲しましょう。
さらに、上司や同僚にダブルチェックをしてもらえば完璧です。

□まとめ

研修テキストが充実した内容であれば、研修する側と受ける側の双方にとって、その時間が有意義なものになるでしょう。
今回紹介したコツを参考にして、わかりやすいテキストが完成したら幸いです。

また、当社ではテキストのような冊子の印刷を多数手がけております。
ぜひお気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.