文書作成に便利なインデザインとは?ほかのソフトとの違いを解説します

Pocket

インデザインというソフトをご存知ですか。
印刷物の作成をしている方は、聞いたことがあると思います。
しかし実際に使っていない限り、どのような機能を持っているかなどの詳しいことは分からないでしょう。
そこで今回は、インデザインについて詳しく解説します。

□インデザインとは?

インデザインとは、主に書籍や雑誌などの冊子になる印刷物を制作する際に使用する、DTPソフトのことを指します。
開発したのは、アメリカに本社をおくアドビシステムズです。
この会社では、同じソフトウェアであるイラストレーターやフォトショップの開発と販売も行われています。

一般的には、インデザインの知名度はあまり高くありませんが、DTP業界ではかなり人気があることをご存知ですか。
元々はレイアウトソフトとして扱われていたようですが、少しずつバージョンアップされて、今ではデジタルコンテンツとしても活躍できるよう多様化しています。

□インデザインを使うメリットを紹介します

このソフトを使う最大のメリットは、マスターページという機能にあります。
よく似ているとされる、イラストレーターと比較してご紹介しましょう。

マスターページとは、複数のページに同一のレイアウトを適用するためのページです。
これを活用すると一発ですべてのページを設定したり、修正したりできます。
ノンブルと呼ばれる番号の修正や、ルビの調整、位置やフォントの設定などあらゆる場面で活用できるため、非常に便利だと言われています。

その一方で、イラストレーターはこの機能がありません。
イラストレーターで修正を行う場合は、手動で手打ちをする必要があります。
そのため、時間や手間がかかりますし、何よりミスが増える可能性があります。
この点ではインデザインの方が、メリットが大きいと言えるでしょう。

また、DTPソフトであるインデザインは、入稿用データが仕上げやすいよう設計されています。
電子書籍用のデータが出力できる点も、大きな特徴の1つでしょう。
文字で構成されている冊子のデータを作成するときに、非常におすすめです。

加えてイラストレーターで作成したデザインを、簡単にインデザインへ引用できます。
これは、同じAdobe製品であるためでしょう。
繊細なイラストを挿入した冊子を作成したい方は、この2つのソフトウェアを併用するのがおすすめです。

□まとめ

インデザインは、パンフレットやカタログといった冊子を作る際に大変便利なソフトです。
今回紹介した機能をうまく活用して、より完成度の高いものを作成できれば幸いです。
また、当社ではそのような冊子の印刷を手掛けています。
大量発注の印刷も可能なため、ぜひご利用ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.