会報誌の作成でお困りの方へ|作り方のコツとは?

Pocket

多くの企業や学校法人などの団体で、定期的に会報誌が発行されているでしょう。
しかし、いざ作成を頼まれたとなると、何から手を付けたら良いのか検討が付きませんよね。
そこで今回は、会報誌の作成にお困りの方に向けて作り方のコツを解説します。

□そもそも会報誌にはどのような内容が書いてあるの?

会報誌と言われても、その内容にピンとこない方も多いのではないでしょうか。
混同されやすい社内誌や広報誌と比較して、その内容を紹介します。

会報誌とは、組織向けの内容が記載された小冊子のことを指します。
そのメインターゲットは組織構成員や会員であるため、イメージとしては社員よりも顧客に近い方向けといっても良いでしょう。
団体の情報発信や、共有ツールといった内容を記載することが多いです。
比較的広い読者層であることがポイントですね。

それに対して社内誌は、企業が社員に向けて発行するものです。
社員相互の意思疎通を図ったり、社内情報や考え方を共有したりすることが主な目的として挙げられます。

また広報誌は、市場や顧客に向けて発行されるため、外部に出しても良い情報が記載されています。
そのため、宣伝広告に近い役割も兼ねているでしょう。
店頭に置いてある冊子や、DMなども広報誌の1つに入ります。

□会報誌を作成するときのコツとは?

それでは、実際に会報誌を作成するときには、どのようなことを意識したら良いのでしょうか。
そのコツを6つ紹介します。

1つ目は、課題や目的を明確に表すことです。
企画の段階で、会報誌のコンセプトやターゲット、伝えたい内容などをはっきりさせておきましょう。
ある程度ターゲットを絞り込んで会報誌を作ることも効果的です。

2つ目は、読者目線を忘れないことです。
記事を作成していると伝えたい内容ばかり先行してしまい、どうしても発信者目線になりがちですが、読者の目線になって客観的に見直すことを忘れてはいけません。
読者が求めている情報を気にしながら作成することを心がけましょう。

3つ目は、個性を出すことです。
伝えたいブランドイメージに合わせたテーマ選びをすると、より個性的な会報誌を作成できます。

4つ目は、読みやすさを意識することです。
デザインやレイアウトを駆使して、イメージが湧きやすい構成を考えると良いでしょう。

5つ目は、費用対効果を考えることです。
会報誌を制作するにあたって、その予算は無限ではありません。
限られた予算の中で、情報の取捨選択を行いましょう。

6つ目は、読者の声を取り入れることです。
具体的な例としては、読者のインタビューや意見を取り入れることが挙げられます。
これによって、さらに興味深い内容になるでしょう。

□まとめ

今回は会報誌について詳しく解説しました。
紹介したコツを参考に、納得のいく会報誌が完成できれば幸いです。
また、当社では会報誌の冊子印刷を取り扱っています。
印刷について気になる点がある方は、お気軽にご連絡ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.