会社案内の文章は大切!書き方を紹介します!

Pocket

企業のウェブサイトやパンフレットを作る際、会社の特徴を知るためにも、会社案内の文章は必要なものです。
文章の書き方次第で読み手に印象的な文章になりますし、ならない場合もあります。
今回は、会社案内文章の書き方をご紹介します。

□会社案内文章の書き方

会社案内文章の書き方には、主に4つの手順があります。
1つ目は、紹介したい事業を選びます。
最初に、会社の紹介したい事業を選びます。
ここでは、一番紹介したい事業を1つだけ選びましょう。

2つ目に、記載すべき内容を整理します。
選んだ事業について、事業の特徴、事業のメリット、メリットの理由、競合他社との違いを考えながら整理して書き出します。

3つ目に、文章のアウトラインを作成します。
整理した内容をもとに、文章のアウトラインを構成していきます。
その場合、「弊社は~を行っています。」「それは~お客様に~という利益を提供します」といったテンプレートを使うと効率が良いですよ。

ここでの注意点は、主語と述語を明確にし、なるべくシンプルな文章にすることです。
そうすることによって文章の骨格が安定し、後で言葉を加えても分かりやすい文章になるでしょう。

4つ目は、文章を整えます。
最後は、日本語として読みやすい文章に仕上げましょう。
レトリックを使っても良いですが、レトリックのせいで分かりにくくなる場合は使わない方が良いですね。

□会社案内文章の効果

会社案内の文章の効果は、どの目的で文章が使われているかによって変わります。
宣伝のために会社案内をしている場合、会社案内文章からパッションを感じられれば、会社の理念や活動内容をたくさんの方に理解してもらえ、メディアからの取材が来るかもしれません。
広く認知されれば、イメージやブランド力がアップし、会社の利益にもつながるでしょう。

採用のための会社案内の場合は、宣伝のための文章とはまた違う書き方をしなくてはいけません。
「この会社で働きたい」と思われるような文章を作成できれば、採用数が増え、優秀な人材の確保に成功します。
それだけでなく、離職率の低下もするでしょう。

営業のための会社案内の場合は、顧客の信頼を得る必要があります。
そのため、会社案内の文章は顧客の信頼や安心感を得るために、分かりやすい簡潔な文章にしましょう。
そうすることによって、顧客の契約や購入につながります。

□まとめ

今回は、会社案内文章の書き方をご紹介しました。
会社案内の文章は、読み手のニーズを考えながら、書き方を変えることが大事です。
会社案内の文章を盛り込んだパンフレットを大量印刷する際は、ぜひ協友印刷にお気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.