ワードで原稿を作る方必見!原稿の作り方とポイントを紹介します!

Pocket

原稿を作成するポイントや原稿を作成する方法に迷われている方は、たくさんいらっしゃるでしょう。
今回は、ワードを使った原稿の作り方と原稿を作成する時のポイントについて紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。
 

□ワードを使った原稿の作り方とは

 
ワードを使った原稿用紙の作成方法は、原稿用紙設定にして書く方法が良いでしょう。
なぜなら、縦書きで一文字ずつ書けるからです。
 
原稿用紙設定にする方法は、レイアウトのタブを開いて、原稿用紙設定をクリックします。
その後、原稿用紙設定のウィンドウが表示されるので、スタイルを選択し、マス目付きの原稿用紙を選択します、
さらに、文字数と行数を選ぶ必要があり、文字数と行数どちらも20を選択します。
罫線の色や用紙のサイズも自由に選べるので、指定の色や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。
 
最後に、チェック項目を選択すると設定ができます。
また、ワードで原稿を作る前に、シンプルなテキストデータを作成しておくと良いでしょう。
なぜなら、1度作ってから再度原稿を作り読み直すことで、誤字脱字や内容を明確化できるからです。
 

□原稿を作成する時のポイントとは

 
1つ目は、原稿用紙の設定です。
原稿用紙の設定は縦書きにすると良いでしょう。
なぜなら、縦書きの方が横書きよりも見やすく読みやすいので、誤字脱字を認識しやすくなるからです。
 
ワードの初期設定が横書きなので、いつもより違和感を覚える方も多いでしょう。
その場合は執筆の時は横書きにして、添削する時に縦書きにすると違和感が少なくなるでしょう。
 
2つ目は、余白の設定です。
原稿に余白がないと、見づらくわかりにくい原稿になってしまいます。
特に、左右の余白を同じ数値にして、均等に見えるようにすることで、見やすい原稿に仕上がるでしょう。
 
3つ目は、フォントの設定です。
原稿を作成する時に、フォントはとても重要な要素の1つです。
なぜなら、作成している段階でも自分以外の人が原稿を開く可能性があるからです。
 
もし、自分のワードソフトに対応していない媒体で閲覧すると、そのフォントが崩れてしまう可能性も考えられます。
大体のワードソフトに標準で備わっている游ゴシックや游明朝を選ぶと良いでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、ワードを使った原稿の作り方と原稿を作成する時のポイントについてご紹介しました。
この記事を参考にして、原稿作りをしてみてくださいね。
また、冊子印刷でお困りの方はぜひ当社にご相談ください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.