見やすい社内マニュアルにするためには?押さえておきたいポイントをご紹介します!

Pocket

「見やすい社内マニュアルを作りたい」
「マニュアルを上手に運用したい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は見やすいマニュアルの作り方と運用時の注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□見やすいマニュアルの作り方とは?

*レイアウト

1つ目はフォーマットを選択することことです。
まずは、どのフォーマットを利用してマニュアルを作成するのかを決めていきましょう。
たとえば、危険物の取り扱いのマニュアルであれば、作業確認リストがあると安心でしょう。

このように目的に沿ったフォーマットを作ることによって見やすいマニュアルの土台作りが完成します。

2つ目は目次を充実させることです。
目次があると利用者が探したい情報にすぐにアクセスできます。
目次に番号を付けてあげるとより見やすいマニュアルになるでしょう。

3つ目はレイアウトを検討することです。

・関連した項目はまとめる
・各要素ごとに余白を残す
・文字列の背景色を変える

これらのポイントに注意して見やすいレイアウトを作りましょう。

*テキスト

1つ目はテキストを装飾することです。
フォントの種類は統一するようにしましょう。
色やフォントがさまざまですとごちゃごちゃして見やすくなくなります。

最小限の強調したい情報を装飾することによって情報を的確に伝えるようにしましょう。

2つ目は見出しを設定することです。
見出しも目次と同じく的確な情報にアクセスしやすくなる効果があります。

□マニュアル運用時の注意点とは?

1つ目はマニュアルを共有することです。
せっかく作ったマニュアルも見てもらえないのであれば意味がありません。
必ず周囲に共有するようにしましょう。

マニュアルを想定読者に見せるのはもちろんですが、マニュアルを必要としていない方にも見てもらうと良いでしょう。

マニュアルに対しての改善のヒントをもらえるかもしれません。

2つ目はマニュアルを活用することです。
マニュアルを必要とする対象者に読ませましょう。
この際に重要なことがマニュアルに関するフィードバックをもらうことです。
読み手にしか分からないことがあります。

フィードバックで指摘された部分を改善し、より良いマニュアルに仕上げましょう。

□まとめ

社内マニュアル作成する際のポイントをご紹介しました。
運用時の注意点もご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
その他にも知りたいことがあればお気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.