理解しておきたい!社内マニュアルの作り方をご紹介します!

Pocket

「社内マニュアルの作り方を知りたい」
「見やすいマニュアルを作りたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回はマニュアル作成の手順とポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□マニュアル作成の手順とは?

1つ目の手順ではスケジュールを決定します。
まずは、マニュアルをどのくらいの時間かけて作るのか決めましょう。
マニュアル作りには正解がありません。
スケジュールが決まっていないと考えすぎて時間を浪費する可能性があります。

2つ目の手順ではマニュアルの読み手を想定します。
誰にマニュアルを書くのかを決めましょう。
新卒入社者に書くのか、既に入社している方に向けて書くのかによってマニュアルの書き方は異なります。

新卒入社者に向けて書く場合は専門用語を多用するのは避けましょう。

3つ目の手順ではマニュアルのフォーマットを決定します。
こちらもマニュアルを作成する目的によってどんなフォーマットが適しているかが決まります。

4つ目の手順では手順の目的、理由を記載します。
いよいよ、マニュアルの内容を作成していきます。
マニュアルは「未知の情報を知る」「情報の確かめ」の2つの目的で使用される場合が多いです。

手順の目的、理由を詳細に記載して、不明点がでないようにしましょう。

5つ目の手順では図表を挿入します。
文章だけでは分かりづらい場合は図表を挿入しましょう。
たとえば、パターンが複数ある場合は表に分けると分かりやすいです。

□マニュアルを作成する際のポイントとは?

1つ目は5W1Hを意識して作成することです。
これらが意識された文章は明確で情報が伝わってきやすいです。
また、5W1Hは場合を意識してマニュアルを作成するとパターンが極限まで細分化できます。

どこを見れば自分の知りたい仕事の流れが分かるようなマニュアルになるでしょう。

2つ目は仕事の全体像が分かるように書くことです。
自身の行っている業務が業務全体のどこをになっているのかが分かると判断もしやすく仕事の精度が上がります。

3つ目は特に読んでもらいたい部分を強調することです。
文章だらけのマニュアルは強調したい情報が的確に伝わらない恐れがあります。
色などを変えて使用する人に明確に伝わるようにこころがけましょう。

□まとめ

マニュアルを作成するメリットをご紹介しました。
また、マニュアルを作成する際のコツもご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
その他にも知りたいことがあればお気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.