ワードで原稿を作成する際のポイントを解説します!

Pocket

Wordで文章を作成する際に、原稿用紙のようなフォーマットに書き込みたいと思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、どうやったら原稿用紙のようなフォーマットに設定できるか分からない人が多いです。
そこで今回は、Wordで原稿を作成する際のポイントと原稿用紙を表示させる設定方法についてご紹介いたします。

□Wordで原稿を作成する際のポイントについて

Wordで原稿を作成するときにはいくつかの注意すべきポイントが存在するのでご紹介します。
まずは、余白の設定についてです。
原稿作成する際には、余白を十分にとりましょう。
上下の余白に関しては自分の好みでどれくらい空けるかを決めてよいですが、左右の余白の数値は合わせるようにしましょう。

また、フォントについても注意が必要です。
Wordではさまざまな種類のフォントが存在しその中から自分の好きなフォントを選べます。
しかしフォントによって文字化けや置き換えが起きやすいものがあります。
そのようなことが起こらないためにも特にこだわりが無い場合には、MS明朝やMSゴシックを使用することをおすすめいたします。

保存の仕方も注意するようにしましょう。
作成した原稿を保存する際には、1つのファイルに保存することは避けて、複数のファイルに分けて保存するようにしましょう。
なぜこんな面倒くさいことをするかというと、データ容量の大きい写真や図などを後で挿入するとデータが消えてしまう可能性があるからです。

□Wordで原稿を作成する際の原稿用紙設定について

原稿用紙設定を行うことで文章を原稿用紙のように縦書きで表示されます。
紙の原稿用紙と同じ見た目なので、普段は紙の原稿用紙を使っている人は特に馴染みやすいでしょう。

それではどうやって原稿用紙設定を行うかを説明していきます。
まずは、上のタブの中にある「レイアウト」の「原稿用紙設定」をクリックしましょう。
すると、原稿用紙の設定を行うための画面が表示されます。
罫線の下に書いてある「スタイル」から「マス目付きの原稿用紙」を選び、自分の好きなように「文字数×行数」や「罫線の色」を選びましょう。

その後、「ページ」項目から「横」を選択してから、OKをクリックしましょう。
そうすると、原稿用紙の設定が完了して、紙の原稿用紙のような画面になり、そこに書き込めるようになります。

□まとめ

今回は、Wordで原稿を作成する際のポイントと原稿用紙を表示させる設定方法についてご紹介いたしました。
自分の書きやすいフォーマットで書くことで効率もアップするのでぜひ試してみてください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.