学会誌を作成する予定のある方へ!著作権に注意しましょう!

Pocket

学会誌を作成する際に、著作物を引用することはよくあることでしょう。
しかしそうするなら、著作権を忘れてはいけません。

著作権についての知識が曖昧だと、思いも寄らないトラブルが発生してしまう恐れがあります。
そこで今回は、学会誌と著作権の関係、また著作権そのものについて解説します。

□学会誌と著作権の関係についてご紹介

一般的に、投稿された論文の著作権は著作権譲渡契約書などによって学会へ帰属します。
そういった契約書では、公衆送信権や複製権、翻訳権などの権利や、著作者の責任に関する規定が重視されています。
過去の判例によれば、学会誌などに掲載されたすべての論文が、保護の対象になるわけではありません。

しかし学術分野における創作物として、多くの場合論文には著作権があると考えられています。
そのため著作物である論文を引用する際には、著作者の許可が必要です。
ただし、目的上正当な範囲内であれば、著作者の許可を得ずに引用することが例外の一つとして認められています。
その際には以下の8つを満たしている必要があります。

1. 引用の対象は公表された著作物であること
2. 公正な慣行に合致しており、自身の説を正当づけるために必要な引用であること
3. 引用とそれ以外の主従関係が明確であること(引用が「従」、それ以外は「主」)
4. 引用部分をカギ括弧などで明示すること
5. 引用部分を改変しないこと
6. 引用する量は必要最小限に抑えること
7. 著作者の意図に反する、または著作者の名誉に悪影響を与えないこと
8. 出典を明示すること

□著作権とは

ここまで、学会誌における著作権の存在について解説しました。
しかし「これにはどのような権利が含まれるのか」といった細かな部分まではよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは著作権についてより詳しく解説します。

この中には著作者の人格的な利益を保護するための「著作者人格権」と財産的利益を保護するための「著作権(財産権)」が含まれます。
「著作権」と聞くと、後者の権利をイメージされる方が多いと思いますが、実はこれには他の権利も含まれます。

どちらの権利も、創作を行った時点で自動的に付与されます。
また、著作者人格権は他人に譲渡できません。
その一方で、著作権(財産権)に関してはその一部または全てを譲渡できるという特徴があります。

著作権(財産権)には大きく分けて以下の4つの権利が含まれることが、著作権法によって規定されています。

1. コピーを作ることに関する権利
2. コピーを使用せずに公衆に伝えることに関する権利
3. コピーを用いて公衆に伝えることに関する権利
4. 二次的著作物を創作・利用すること関する権利

以上のように、一口に著作権といっても様々な権利が内包されています。
そのため、これについて考える際には、これらのあらゆる権利について意識することが大切です。
ここまで4つの権利について解説しました。
内容を引用する際にはこれらのポイントを意識するようにしてくださいね。

□まとめ

今回は学会誌と著作権の関係と著作権について解説しました。
これらに対する認識を誤ると、せっかく作成した学会誌の信用が失われてしまいます。
したがって学会誌を作成する際には、本記事で紹介したような要点を押さえ、適切に対応しましょう。
また、ご不明なことがあればお気軽に当社までお問い合わせください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.