インデザインで原稿作成をお考えの方へ!原稿用紙作成方法をご紹介!

Pocket

「インデザインで原稿用紙をどうやって作成すれば良いの」

このようにお考えの方に向けて、原稿用紙作成方法を解説します。
ぜひお役立てください。

□原稿用紙作成前に確認すべきことについて

インデザインで原稿用紙を作成する前に、色々な要素を設定しておく必要があります。
まずは、その点について簡単に解説していきます。

1点目はドキュメントプロファイルの設定です。
Webかプリントかを選択します。
DTPの場合はプリントを選択です。

2点目はページ設定です。
まずは、どんな仕様に仕上げたいのかを把握しましょう。
見開きで制作する場合は、「見開きページ」にチェックします。
「マスターにテキストフレーム」は、文庫本やマニュアルのように大量に同じフォーマットで続くページに、連続した文章を流し込む時に便利な機能です。

3点目は用紙方向と綴じ方向の選択です。
綴じ方は「右綴じ」「左綴じ」から選択します。
Aのアイコンが左綴じ、本のアイコンが右綴じを表します。

4点目はドキュメント作成方法です。
「レイアウトグリッド」か「マージン・段組」のどちらでドキュメントを制作していくかを尋ねています。

「レイアウトグリッド」は原稿用紙のようなマス目のようなものが表示され、小説のように、同じ体裁のテキストを多ページにわたって流しこむ時に便利な方法です。
「マージン・段組み」は最低限、ページの余白と組み方向を決めれば制作に入れます。

インデザインで原稿用紙を作成する前には、以上の設定を行っておきましょう。

□インデザインを使用した制作の流れとは

それでは、インデザインを使用した制作の流れについて解説します。

まずは表紙を作るところから始めます。
あらかじめ作成しておいた表紙用のデザインを1ページ目に貼り付けて作る方法が一般的です。

次に見出しのデザインを作ります。
ページ内で大見出しや小見出しを使う場合は、決まったデザインのものを作って用意しておきましょう。
それをインデザインの各ページに貼り付けていき、見出しを作ります。

そしてテキストを流し込み、画像を配置していきます。
画像を配置したいところに置き、テキストを流し込みます。
インデザインなら、テキストが画像の周囲を回りこむようにレイアウトしたい場合でも、簡単な指定で実現できます。

□まとめ

この記事では、インデザインを使った原稿の作成方法について解説しました。
この記事が皆様の参考になれば幸いです。
原稿の作成方法について何かわからないがあれば、お気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.