セミナー資料はどう作ればいい?そのお悩みを解決します!

Pocket

プレゼンや会議などで、セミナー資料を作成する機会は多いですよね。
今や資料作成はビジネスシーンで必須のスキルと言えるでしょう。
そこで今回は、セミナー資料の作り方について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

□セミナー資料の作り方について

良い資料とは、「見やすい」「分かりやすい」「伝わりやすい」の3つの要素が備わったものです。
このような資料を作るにはどうすれば良いのでしょうか。
具体的に解説していきます。

まずは、目的やテーマ、情報を整理することから始めましょう。
そのために、セミナー参加者はどんな雰囲気の人で、何を求めているのかなど、入念にリサーチしておきましょう。
相手への理解を深めていく過程で、資料の位置づけや目的が明確になります。

そして、事前のヒアリングで得た聞き手の課題や希望を元にテーマを設定します。
資料のテーマを設けたら、問いに対して根拠となる情報を用意しロジックを固めていきましょう。

見やすい資料を作るためには、読み手のことをよく考える必要があります。
文字のフォントをシンプルなものにしたり、色も3色以内に抑えてスタイリッシュな仕上げにしたりすることを意識してみましょう。
また、重要な部分を箇条書きにしたり、図解を多く使用したりすることもポイントです。

分かりやすい資料を作るためには、構成が重要です。
序論・本論・結論の構成を基本にして、「なぜ必要か」を念頭に置き、それぞれ組み立てていきましょう。
一つの文章中には言いたいことを一つだけにする、「一文一義」を徹底すると、分かりやすい文章が書けますよ。

□資料作成で注意すべき点とは

ここでは、資料作成で注意すべき点について3点ご紹介します。

1つ目は、直感でフォントを選ばないことです。
フォントには、「読む」に適しているものと、「見る」に適しているものがあります。
例えば、「明朝体」は長い文章で読み続けても疲れにくい、可読性の高い書体であるのに対し、「ゴシック体」は瞬時に認識しやすい、可視性の高い書体です。
このようにフォントごとに特徴があるので、戦略的に選べると良いですね。

2つ目は、カラフルにし過ぎないことです。
強調させたいがために、色を多用してカラフルにしてしまうというケースはよくあります。
ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの3種類に絞ることを意識しましょう。

3つ目は、デフォルトのままグラフを活用しないことです。
説得力のある資料には、グラフを効果的に活用する必要がありますよね。
特にグラフ幅と強調の仕方に注意して、アレンジするように意識すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、セミナー資料の作り方について詳しく解説しました。
ご紹介したポイントを参考に、「見やすい」「分かりやすい」「伝わりやすい」資料を作りましょうね。
この記事が皆様の参考になれば幸いです。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.