小説本の作り方とは?作成時のポイントもご紹介します

Pocket

「小説本の作り方が分からない」
「小説本を作る際のポイントを知りたい」
今回の記事は、このようにお考えの方必見の内容です。
ぜひ最後までご覧ください。

□小説本の作り方とは

ここでは、小説本の作り方を4つのステップに分けて解説していきます。

1つ目のステップは、小説本作りの企画をまとめることです。
企画段階で考えておきたいことをご紹介します。
以下の内容を参考にして企画をまとめてみましょう。

まずは、サイズ(判型)です。
サイズは、見た目の印象と持ち運びやすさに関わる大事な要素です。
写真や文章量を決めるにあたっても、よく検討しておく必要があります。

また、大まかな章立ても決めておきましょう。
載せるページ順もイメージしておくとなお良いですね。

他にも、綴じ方や紙の種類、ページ数、カラー、制作スケジュールについても考えておきましょう。

2つ目のステップは、台割を作ることです。
企画が固まったら、どのページに何を載せるのか簡単に記入した一覧表である「台割」を作りましょう。
全体を俯瞰できる資料を作っておくと、非常に便利です。

3つ目のステップは、原稿作成です。
原稿や写真など、必要な素材を集めて、作っていきましょう。
表紙に載せるタイトルや目次、奥付の内容も、それぞれのテキストファイルで作っておきます。

4つ目のステップは、印刷用のデータに仕上げることです。
原稿と写真が揃ったら、印刷用のデータを作って印刷会社にデータを渡します。

以上が小説本を作る簡単な流れです。

□小説本を作る際のポイントをご紹介

続いては、小説本を作る際のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、作成費用をよく確認しておくことです。
見積もり費用のほかに、手直し費用としてお金がかかる場合があります。
依頼する業者とあらかじめ費用についてはよく相談することが重要です。

2つ目は、仕上がりをよく確認することです。
紙質や光の当たり方により、実物とイメージしていたものが異なっているという場合があるかもしれません。
そのため、印刷業者と相談して完成予定本を何冊か確認させてもらいましょう。

3つ目は、紙質とサイズをよく確認しておくことです。
内容の印象を大きく決めるポイントになるのが、紙質とサイズです。
手触りの悪いものでは、手に取ってもらえないかもしれません。
また、紙のサイズによっては、文字が小さすぎたり、持ち運びに不便を感じたりする場合があります。

□まとめ

今回は、小説本の作り方を解説しました。
小説本を作る際は、費用と仕上がり、紙質、サイズをよく確認しておきましょうね。
小説本の作成に関して、お困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.