歌集を作成する際のポイントとは?詳しくご紹介します

Pocket

「製本ってどうやってするのだろう」
「歌集を作りたいけど何かポイントはあるのかな」
そんな悩みを持った方はいませんか。
今回は製本方法と歌集を作成する際のポイントについて解説していきます。

□製本の仕方について

製本の仕方についてはご存じでしょうか。
ここでは製本とはどのようにされるのかについて解説していきます。
製本方法は一般的に3つの方法があります。

1つ目の方法は中綴じ冊子です。
中綴じ冊子とは一枚の紙を二つに折り、真ん中の折り目の入った部分をホッチキスでとめる製本方法のことを指します。
この製本方法は1枚の紙に4ページ分の印刷が可能です。
ページ数は4の倍数になるという点に注意しましょう。

2つ目の方法は無線綴じ冊子です。
無線綴じ冊子とは本文が印刷された紙を重ね、その背に当たる部分と表紙をノリで張り付ける製本方法のことを指します。
厚みの調整が可能なため、ページ数が多い際には無線綴じ冊子をおすすめします。

3つ目の方法は綴じなし冊子です。
綴じなし冊子とは、新聞のように、2つ折りにした紙をページ順に重ねた製本方法のことを指します。
針金やノリを使用しないため、一枚ずつ取り外せます。

□歌集を作成する際のポイント

歌集を作成される際のポイントは3つあります。
それぞれについて詳しく解説していきます。

1つ目のポイントはデザインです。
デザインが良いと歌集の魅力も倍増します。
そのためデザインについては分からないからと適当に考えず、じっくり決められることをおすすめします。
作成した歌集のテーマや世界観からデザインを考えるとデザインを決めやすいです。

また、紙質も歌集の雰囲気を左右します。
当社ではさまざまな用紙から選んでいただけるセットもございますので、興味のある方はぜひご相談ください。

2つ目のポイントはサイズです。
原稿と製本に使用する用紙のサイズが違うと、思っていた感じと違うという事態になりかねません。
一般的な歌集のサイズはA5とされていますが、サイズはお客様自身が選択していただけます。
ただし、せっかくの歌集ですので想像と違ったという事態にならないように原稿と製本時のサイズには注意することをおすすめします。

3つ目のポイントは完成本の確認です。
慎重にデザインとサイズを決めても完成してみると何か違うと感じることも少なくありません。
そのような事態を防ぐためにも事前に仕上がりを確認されることをおすすめします。
当社では会員登録をしていただくと完成本サンプルを無料でご覧いただけます。

□まとめ

今回は製本の仕方と歌集を作成する際に気を付けてほしいポイントについて解説しました。
歌集を作成される際にはぜひ参考にしてくださいね。

また当社では一般的なご予算よりも少ない予算で注文できるような金額で歌集の製本をご注文いただけます。
興味のある方は是非一度ご相談ください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.