会報誌の作り方とは?ポイントとともに紹介します

Pocket

会報誌の作成をご検討している方で、
「できるだけ沢山の人に見てもらいたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
会報誌の作成では、ポイントをおさえることが重要です。
今回は、会報誌の作成をお考えの方に向けて、会報誌の作り方をご紹介します。
また、会報誌を作る際のポイントについてもご紹介します。

□会報誌の作り方をご紹介します

会報誌の作成にあたり、作り方の流れを理解しておきましょう。

まず、誰に何を伝えたいのか、具体的な目的を明確にしましょう。
つまり、「コンセプト」となるものを事前に決めておくということです。
そうすることで、内容が読み手により伝わりやすくなります。

つぎに、実際に取材をしましょう。
取材をすることによって、読み手からの情報の信頼度が高まります。
取材をする際は、ライターやカメラマンも同行することをおすすめします。
また、内容によって画像を入れる、文字だけにする等を決めると良いでしょう。

さいごに、編集の段階へ入ります。
原稿が完成したら、編集を進めていきます。
事前に決定したコンセプトに従って、掲載する内容を確認します。
この段階では、読み手の立場になって構成を考えていくことが重要です。

□会報誌を作る際のポイントをご紹介します

会報誌を作成する際には、いくつかポイントがあります。
ポイントを押さえることにより、より質の高い内容になるでしょう。
ここでは、会報誌の作成において押さえていただきたいポイントを2つご紹介していきます。

*読みやすさを重視する

より多くの人に見てもらうためには、読みやすさを意識した構成や読み手の目を引くキャッチコピーを考えましょう。
レイアウトやデザインを考える際も、内容やイメージに合わせた構成を考えることが重要なポイントです。

*読者と発信者の視点から考える

発信意義のある会報誌にするためには、やはり読者と発信者の目線から企画することが重要です。
会報誌は、単なる宣伝ではなく、読者と発信者間の関係性を高めるという意義があることをおさえておきましょう。

また、どちらかに偏ってしまっては、伝えたいことが伝わらない、読者を発信者間でギャップが生まれるといったことが起こってしまうため、両方の視点から製作を進めていくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、会報誌の作成をお考えの方に向けて、会報誌の作り方をご紹介しました。
また、会報誌を作る際のポイントについてもご紹介しました。
これらのポイントを押さえることで、より沢山の人に見てもらえる会報誌が作成できます。

その他ご質問や不明な点等ありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.