小説本を作りたい方へ向けて小説本の作成時のポイントをご紹介

Pocket

「小説本を作りたいけど、原稿を作成するときのポイントはあるのかな」
「ワードで小説本の原稿を作るときに注意することはあるのかな」
そんな悩みを持った方は多いと思います。
今回は小説本を作成する際のポイント、ワードで小説本の原稿を作成する際のポイントについて解説していきます。

□小説本の原稿を作成する際のポイントとは

小説の原稿を作成する際のポイントは大きく3つあります。
ここではそれぞれのポイントについて解説していきます。

1つ目のポイントは、ルールを知ることです。
小説の原稿の書き方にもルールがあります。
まずはそのルールから理解することが大切です。

原稿は本とは違うので、簡潔に書くことを心掛けましょう。
読み直して、無くても大丈夫そうな文は、惜しくても省いてしまうことをおすすめします。
他にも、章が変わる際には前の章から数行開けて書きましょう。
タイトルを入れる際も行を開け、タイトルの後にも数行入れて書き出すようにしてください。

また、賞に応募される際には、応募先によってルールが異なることもあるので、しっかりと確認することが大切です。

2つ目のポイントは、編集ソフトのツールを利用することです。
人によって使用するソフトは違いますが、どのソフトにもより効率的に編集ができるようなツールがあります。
ご自身に合わせてツールを活用することで、編集作業が楽になります。

3つ目のポイントは、完成させることです。
途中まで書いて諦めるのは賢明ではありません。
どんな仕上がりになろうと、まずは完成させることを目標とすることが大切です。

□ワードで小説本の原稿を作成する際のポイント

沢山の編集ソフトがある中でも、ワードを使用する方が多いでしょう。
ここではワードで小説原稿を書く際に使えるツールを2つご紹介します。

1つ目のポイントは、縦書き原稿の設定にすることです。
ワードを横書き機能にしたまま小説を書いているという方はいませんか。
縦書きにすると、より小説っぽさを感じる仕上がりになります。

「縦書きで書けないかな」
とお考えの方がいらっしゃいましたら、ワードには縦書き機能がありますので設定してみることをおすすめします。

2つ目のポイントは、文章校正機能を使用することです。
長い小説となると誤字脱字をすべて確認するのにも相当な時間を要します。
ワードには文章校正機能という間違った文法や書式の違う部分を赤や青のラインで教えてくれる機能があります。
この機能を使うと今まで間違って理解していた意外な文法の間違いまで指摘してくれるので活用することをおすすめします。

□まとめ

今回は小説本の原稿を書く際のポイント、ワードで原稿を作成する際のポイントについて解説しました。
小説本を作成される際にはぜひ参考にしてくださいね。

また当社では小説本の製本も行っております。
丹精込めて書かれた小説をせっかくなら本にしてみませんか。
興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.