わかりやすい社内マニュアルとは?ポイントをご紹介

Pocket

社内マニュアルの作成をご検討中の方で、
「なるべくわかりやすいものを作りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は、社内マニュアルの作成をご検討中の方に向けて、わかりやすいマニュアル作成時のポイントをご紹介します。
また、社内マニュアル作成の具体的な進め方もご紹介します。

□わかりやすいマニュアル作成時のポイントをご紹介します

社内マニュアルを作成する際、わかりやすさ、伝わりやすさは重要視したい点です。
そこで、ここではよりわかりやすい社内マニュアルの作成をするためのポイントをご紹介していきます。

まず、社内マニュアルの作成にあたり、読み手は「ほぼ知識がない」ということを前提として作成していくことが重要です。
そのため、未経験者の目線から、わかりやすさを重視したマニュアルを作成しましょう。

次に、いつ、誰が、どこに、何を、どうするかをはっきりと示すことを意識して作ることが重要です。
これらを明示することで、読み手に伝わりやすいマニュアルが作成でき、未経験者にとっても理解しやすくなります。

また、「なぜ」にフォーカスすることで、作業が行われている理由が明確になります。
そうすることで、読み手にとって理解が深まります。

□わかりやすいマニュアル作成の作り方をご紹介します

では、マニュアル作成は具体的にどのように進めていけば良いのでしょうか。
ここでは、先ほどご紹介したポイントを押さえつつ、わかりやすい社内マニュアル作成の方法を紹介していきます。

はじめに、業務の進め方や内容などの情報集めを行います。
情報集めができたら、その情報を整理し、より効率的に業務を進められるように情報のみを残しておきましょう。

その後、必要な情報からそのまま文を作っていくのではなく、構成を考えましょう。
そうすることで、よりスムーズに無駄なく作成を進められます。

構成を考えたら、必要な情報を書き出し、最終段階として図や表などで補足していきましょう。
説明内容によって、文での説明が適しているか、図式化するか、表で示した方が良いかなどを判断することも重要です。

□まとめ

今回は、社内マニュアルの作成をお考えの方で、わかりやすいマニュアル作成時のポイントをご紹介しました。
また、社内マニュアル作成の具体的な進め方についてもご紹介しました。
これらのポイントを押さえることで、より質の高いマニュアルが作れます。
大量印刷する場合は、当社の印刷サービスのご利用もご検討ください。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.