セミナー資料を作成する際のポイントを詳しくご紹介!

Pocket

「セミナー資料を作る時は何を意識したら良いのかな」
「セミナー資料の作る手順がわからない」
このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで、今回はセミナー資料を作成する際のポイントをご紹介します。

□セミナー資料を作る際に意識するポイントとは?

良いセミナーをしたいのであれば、セミナー資料は非常に重要になります。
そこで、今回はセミナー資料を作成する際に気をつけてほしいポイントを2つご紹介しますので、参考になれば幸いです。

1つ目のポイントは、セミナーの後参加者にどうなっていてほしいかを明確にすることです。
セミナーが終了した後、参加者にどんな行動を促したいのかを意識して資料を作成しましょう。
それが、セミナーを成功させるために重要です。
そのためには、まず参加者の年齢や性別、職業や立場を可能な限り調べ、参加者のニーズをしっかりと把握した上で資料を作成します。

外部講師としてセミナーに招かれた場合は、主催者と事前の打ち合わせを入念に行い、セミナーの目的やビジョンを共有しておくと良いですね。

2つ目のポイントは、参加者に理解してもらえる内容になっているか確認することです。
専門用語を使いすぎて参加者が理解できない内容になっていないか確認しましょう。

セミナーにはテーマに関する予備知識が少ない参加者もいる可能性が高いです。
そのため、講師が当たり前だと思っている専門用語が伝わらない場合があります。
できるだけ一般的な言葉で言い換えるなどして、平易な表現を用いるようにしましょう。
セミナー資料を作成する際は、参加者目線の意識を常に持つことが重要です。

□セミナー資料の作成手順ご紹介

まずは、セミナーのタイトルを考えます。
多くの人に来てもらうためには、どのようなタイトルにするかは非常に重要です。
ありふれた言葉を書き並べてしまうと、対象に入らない人も来てしまう可能性があるため、どういった人に来て欲しいかを想像しながらタイトルを決めましょう。
興味を引くためにタイトルを大げさにしすぎると、タイトルと内容に大きなずれが生じてしまう可能性があるので注意すべきです。

次に、内容を決めます。
時間配分や大きな章をいくつ作って話すのかを決めましょう。
それらが決まると、資料にいれるべき内容の量がわかります。

そして、まとめを作成します。
資料の各章の最後にまとめを入れます。
これによって、結局何が言いたかったのかを一目で分かるようにできます。

最後に、内容とタイトルが一致しているかを確認しながらリハーサルをします。
資料を書いていくと、少しずつ伝えたいこととずれてしまっている可能性があります。
これは、最後に全体を振り返ると分かる場合が多いので、確認しましょう。

□まとめ

セミナー資料を作成する際のポイントをご紹介しました。
参加者目線で資料を作成することが重要ですね。
セミナー資料作成の際に参考にしていただければ幸いです。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.