事業内容報告書の書き方でお困りの方へ!その作成方法について解説します

Pocket

事業内容報告書の作成でお困りの方はいらっしゃいませんか。
事業内容をどのように報告すれば良いかわからないですよね。
資料にして報告するにしても、どういったことに気を付けて書いていけば良いか、正直難しいとお思いの方も多いでしょう。
今回は、事業内容報告書の作成方法について解説します。
是非ご覧ください。

□事業内容報告書とは

事業内容報告書とは、会社法で開示が定められているもので、事業報告やそれに附属する明細書を合わせた総称を指します。
事業内容報告書は計算書類とその明細書、そして事業報告とその明細書です。

計算書類では会社の情報を定量的に開示します。
そして、それでは報告できない定性的な情報を事業内容報告の書類で補足するようになっていて、両者まとめて作成することが会社法で義務付けられているので注意してください。

ただし、上場していない企業や親会社を持たない株式非公開の会社などは、事業内容報告書の記載内容を大幅に省略できます。
中小企業でも株主総会を開催するような会社であれば、事業内容報告書の作成は必須になります。

中小企業だからといって免除されるわけではないので注意しましょう。

□事業内容報告書の書き方

最初に申し上げておきたいのは、報告書に載せる情報や内容が企業別に異なるので、その点については解説できません。
ここでは、用いる書式やスタイル、そして読み手が理解しやすい報告書を作成するポイントについて解説します。

まずは、報告書に用いる書式やスタイルには統一感を持たせるようにしてください。
例えば、最初の書き出しが「です」なら、「ですます調」で統一して書きましょう。
である調で書くのであれば、全てをである調で統一するようにしてください。

そして報告書に盛り込む内容も必要・不必要といったように取捨選択して選ぶことも大切です。
あったこと全てを記述すると、文章量が膨大になってしまいます。
知らせた方が良いことを選んで報告するようにしてください。

事業内容報告書に記載することは事実に基づくものです。
日付、期間、数量、数値などの客観的データをしっかりと含めて、具体的かつ正確に記載するようにしましょう。

もし、そういった詳細事項がわからないのであれば、わからないまま報告書を作成するのではなく、情報をしっかりと確認するようにしてください。

データミスが後から発覚すると、伝えたい情報が間違って伝わる可能性があります。
曖昧なまま報告書を作成しないように、注意しましょう。

□まとめ

今回は事業内容報告書の作成方法について解説しました。
是非参考にしてみてください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.