社内マニュアルの構成はどうしたら良い?作成時のテクニックをご紹介!

Pocket

「社内マニュアルの構成はどうしたら良いのか」「社内マニュアルのメリットとは何か」
社内マニュアルの構成をお考えの方で、このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、社内マニュアルを作成する上で知っておきたいポイントを紹介します。

□社内マニュアルを作る際のポイント

社内マニュアルを作る際は三つのポイントに注意しましょう。

まず一つ目が、構成案から考えて決めることです。
社内マニュアルの構成案をあらかじめ決めておくことで、本来の主旨からずれた内容になることはありません。
そのため、構成案には仕事内容を具体的に記載することが大切です。

二つ目が、作業内容を時系列で作業者別に整理することです。
社内マニュアルは読む人が理解しやすいように、仕事の流れをしっかり記載することが大切です。
作業内容が明確に記載されていると、作業がスムーズになるでしょう。

また、時系列順に整理することで、担当する仕事が重複し、混乱するのを防げるため、会社としても大きなメリットとなるでしょう。

三つ目が、手順通りかつ段階的な構造で作ることです。
社内マニュアルは、社内全員が理解できるものでなければ、作業の効率が落ちてしまいます。
そのため、やるべきことが順番に並んでいて、かつ段階的に構造が練られているマニュアルを作ることが大切です。

以上三つが、社内マニュアルを作る際のポイントになります。
ぜひ参考にしてみてください。

□社内マニュアルを作成するメリットとは

社内マニュアルを作成するメリットとして三つが挙げられます。

一つ目としては工数の削減が挙げられます。
社内マニュアルを作ることで、現場で働く人は先を見据えた行動ができます。
その結果、業務の効率が上がるとともに、ミスの数を減らせるでしょう。
つまり、業務にかかる工数を大きく削減できます。

二つ目としては、作業品質を一定の状態に保てることが挙げられます。
社内マニュアルを作成することで、現場で働く全ての人が、仕事の手順やノウハウを共有できます。
そして、現場で働く人が業務の流れをしっかり把握できれば、作業品質を常に一定の状態に保てます。
その結果、安心した作業工程が出来上がり、社内の過失を減らせるでしょう。

三つ目として、属人化を防止することが挙げられます。
社内マニュアルを作ることで、一つの業務を他の人たちと共有することが可能です。
その結果、業務を特定の人に頼りきりになることが減り、自分以外の業務は一切関わらないという属人化を防げます。
また、属人化を防止することで、作業の効率が上がるため、会社の利益が伸びると考えられます。

以上が、社内マニュアルを作成するメリットになります。
ぜひ参考にしてみてください。

□まとめ

今回は、社内マニュアルを作る際のポイントを紹介しました。
社内マニュアルは、業務の効率化を図る上で大切なものですよね。
また、社内マニュアルに関する質問やお悩みがありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.