テキストを作成する際の著作権について解説します

Pocket

皆さんは、著作権について詳しくご存じですか。
テキストや冊子を印刷する際は、特に調べておきたいものですよね。
著作権には、無意識のうちに侵害しないよう気をつける必要があるでしょう。
ここでは、テキストを作る際の著作権についてご紹介します。

□著作権とは?

著作権という言葉を聞いたことがあっても、実際にそれが何かをご存じでない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、著作権とは何かを見ていきましょう。

著作権とは、著作物の著作者が持っている権利を指します。
著作権の目的には、「文化の発展」「著作者の権利の保護」「著作物の公正な利用」の3つがあります。
著作権の中にもさまざまな分類がありますが、第三者がそれらの権利を侵した場合「著作権法違反」とみなされます。

□テキスト作成で著作権が問題になるケースとならないケースとは?

ここでは、テキスト作成時に著作権が問題になるケースと問題にならないケースの2つを見ていきましょう。

*問題になるケースについて

テキストを作る際に、第三者が作ったグラフや表、テキストをそのまま使用すると著作権侵害になるかもしれません。
さらに、それをインターネット上に公開しても著作権を侵していると考えられるでしょう。

教育に使用するテキストの著作権は、教科書著作権協会が管理しています。
協会に著作物の利用許諾申請をすることでテキストを使用できることがあります。
ただし、全ての著作物を管理しているわけではないため、必ずしも申請が通るとは限らないでしょう。
テキスト使用して販売をする場合は、使用料金が必要になります。

*著作権が問題にならないケースについて

著作物は通常、著作者の許可がないと使用できません。
しかし、教育目的あるいは私的な範囲での使用は、著作権法で許可されています。
ここで気をつけたいのは、塾や出版などの営利目的で使用する場合は、これに該当しないことです。

実際に過去には、教科書のコピーを学習塾が無断で使用していたことがあり問題になったことがあります。
著作権侵害とみなされた場合、使用料を支払ったり、テキストを回収したりする必要があります。
したがって、テキストを作成する際には、著作権の取り扱い方法が大変重要であると言えるでしょう。

□まとめ

本記事では、著作権についてご紹介しました。
テキストを作成するときは、著作権侵害になるケースに特に注意しておきましょう。
後々のトラブルを防ぐために、テキストを印刷する前にしっかり把握しておきましょう。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.